Pocket

大江千里さんはシンガソングライターで現在はジャズピアニストですが、

「サワコの朝」に1月28日放送分に出演されました。

ニューヨークジャズピアニストになるまでの

大江千里さんのプロフィールや代表曲を調べてみました。

スポンサーリンク

大江千里のプロフィールと代表曲

大江千里さんは1960年9月6日生まれの現在56歳で、

東京都板橋区生まれですが大阪府藤井寺市育ちなんだそうです。

大江千里さんは3歳からピアノを習い始めて、

4歳で作曲の楽しさを覚えたそうで早い段階から才能があったんですね。

大江千里さんは関西学院大学経済学部を卒業しているそうで、

頭もすごくいいんですね。

大江千里さんのヒット曲といえば、「十人十色」

「あいたい」「ありがとう」などですが、

代表曲といえば、「結婚したい男たち」というドラマの主題歌だった

「格好悪いふられ方」ではないかと思います。

大江千里さんはシンガソングライターなので

松田聖子さんや渡辺美里さんにも楽曲を提供していて、

光GENJI「太陽がいっぱい」なども手掛けたそうです。

スポンサーリンク

大江千里がニューヨークでジャズピアニストに転身!

大江千里さんが「サワコの朝」に出演されて

ニューヨークジャズピアニストになるまでの過程を語っていましたが、

2008年の47歳の時にニューヨークに移住して

New Schoolという大学でジャズを学んだそうで、

47歳から夢を叶える為に渡米するってすごい勇気だなと思います。

New Schoolに入学した時は苦労されたそうですが、

卒業されて現在はアトランタジャズフェスティバルという

ジャズの大きなイベントで演奏されるぐらい活躍されています。

大江千里さんのジャズニューヨークで聞くには

トミジャズという日系のバーで月イチで演奏されているそうで、

日程はウェブサイトで確認して予約もできて

カバーチャージは$10 (約1150円)で

ミニマムチャージも$10 (約1150円)みたいです。

大江千里さんのジャズCDで人気なのは、

「Boys Mature Slow」「Answer July」だそうです。

そういえば大江千里さんが、

「小泉今日子50歳ニューヨーク」という特番に出演された時に

小泉今日子さんの「あなたに会えてよかった」を

ピアノでジャズ演奏されましたがすごくいい音色でした。

まとめ

大江千里さんは47歳でジャズ留学をして夢を叶えていて、

何歳になっても夢を諦めないって素敵なことですね。

大江千里さんはニューヨーク

トミジャズという日系のバーで月イチで演奏されているので、

時期があえばぜひ演奏を聞きに行ってみて下さいね♡

スポンサーリンク

Pocket