Pocket

こんにちはルンルン

 

国際恋愛下手でも

理想の彼氏と

幸せな日々が送れる私になる!

 

NY流 

オンラインデーティングアドバイザー

レイナですラブラブ

 

 

今回は私が理想の職業の

外国人男性を引き寄せた話と、

 

アメリカの学生ローン事情について

お話していきたいと思います。

スポンサーリンク

理想の職業の外国人男性を引き寄せた!

私の知り合いの日本人女性で

オンラインデーティングで麻酔科医と出会って、

 

その彼は別荘を所有していたりと裕福で

セレブ婚をした人がいたんです。

 

 

麻酔科医の旦那さん

素敵だなーと思って、

 

私もそんな男性を引き寄せたいと

強く思ったんですよね。

 

 

 

 

そしたらオンラインデーティングで

私も麻酔科医の男性と出会い

付き合い始めたのですが、

 

強く願ってイメージしておくと

引き寄せが叶うことを実感しました。

スポンサーリンク

アメリカの学生ローン事情!

でも麻酔科医の彼は稼いでいたと思うけど

他の研修医と同居していたり、

 

知り合いの旦那さんと同じ麻酔科医でも

何か違うなーと思っていました。

 

 

そしたら彼は医大の学費の学生ローンが

1500万円ぐらいあって

徐々に返していっているということでしたが、

 

学生ローンとは言え額が多いですし

他の理由もあって別れることにしました・・・。

 

 

 

 

アメリカでは大学の学費は親が払うというより

学生ローンを組んで自分が社会人になってから

自分で払うという人が多くて、

 

特に医大は学費が高いので

若い研修医の人は学生ローンを払っていて

医者だからお金持ちとは限らないんです。

まとめ

アメリカでは大学の学費は親が払うというより

学生ローンを組んで自分が社会人になってから

自分で払う人が多くて、

 

理想の男性は強く願ってイメージしておくと

引き寄せが叶うのですが、

 

借金のない人とか具体的に

願うことも大事だと思います。

 

 

最後までお読み頂きありがとうございます。

 

 

インスタグラムではニューヨークでの日常を

主にアップしています。

是非お気軽にフォローして下さい♡

 

ピンクハートインスタグラムピンクハート

スポンサーリンク

Pocket