Pocket

「オリエント急行殺人事件」映画をアメリカで見てきました。

「オリエント急行殺人事件」感想と出演するキャスト

アガサ・クリスティーさんの原作あらすじなどをまとめてみました。

スポンサーリンク

オリエント急行殺人事件のキャスト♡

オリエント急行殺人事件,感想,キャスト,アガサ・クリスティー,原作,あらすじ,ジョニー・デップ,ミシェル・ファイファー,ペネロペ・クルス,ネタバレ

「オリエント急行殺人事件」に出演するキャストは、

物語の主人公の世界一の名探偵のエルキュール・ポアロ役はケネス・ブラナーさん、

未亡人のキャロライン・ハバード役はミシェル・ファイファーさん、

宣教師のピラール・エストラバドス役はペネロペ・クルスさん、

アメリカ人の富豪のエドワード・ラチェット役はジョニー・デップさん、

公爵夫人のドラゴミロフ公爵夫人役はジュディ・デンチさん、

教授のゲルハード・ハードマン役はウィレム・デフォーさん、

国際寝台車会社の重役のブーク役はトム・ベイトマンさん、

公爵夫人のメイドのヒルデガルデ・シュミット役はオリヴィア・コールマンさん、

ラチェットの秘書のヘクター・マックィーン役はジョシュ・ギャッドさん、

執事のエドワード・ヘンリー・マスターマン役はデレク・ジャコビさん、

医師のドクター・アーバスノット役はレスリー・オドム・Jrさん、

家庭教師のメアリ・デブナム役はデイジー・リドリーさんとなっています。

スポンサーリンク

オリエント急行殺人事件!アガサ・クリスティー原作のあらすじ♡

「オリエント急行殺人事件」原作アガサ・クリスティーさんの同名小説です。

アガサ・クリスティーさんの「オリエント急行殺人事件」の他の代表作は、

「アクロイド殺し」、「そして誰もいなくなった」などです。

「オリエント急行殺人事件」あらすじは以下の通りです。

エルサレムで教会の遺物が盗まれ、鮮やかな推理で犯人を突き止めた、名探偵のエルキュール・ポアロ。イスタンブールで休暇をとろうとした彼だが、イギリスでの事件の解決を頼まれて急遽、オリエント急行に乗車する。

出発したオリエント急行でくつろぐポアロに話しかけてきたのは、アメリカ人富豪のラチェットだ。脅迫を受けているという彼は、ポアロに身辺の警護を頼む。しかしポアロはラチェットの要請をあっさりと断るのだった。

深夜、オリエント急行は雪崩のために脱線事故を起こし、山腹の高架橋で立ち往生してしまう。そしてその車内では殺人事件が起こっていた。ラチェットが12々所も刺され、死体で発見されたのだ。乗り合わせていた医師のアーバスノットは、死亡時刻を深夜の0時から2時の間だと断定する。

鉄道外車のブークから捜査を頼まれたポアロは、乗客たち一人一人に話を聞き始める。ラチェットの隣室のハバード夫人が「自分の部屋に男が忍び込んだ」と訴えるなど、乗客たちの証言によって、さまざまな事実が明らかになってきた。しかし乗客全員にアリバイがあり、ハバードの腕をもってしても犯人像は浮上しない。

ラチェットの部屋で発見された手紙の燃えかすから明らかになったのは、彼がかつてアームストロング誘拐事件に関わっていた事実だった。少女を誘拐し、殺害したラチェットが、復讐のために殺されたのか?殺害犯は乗客の中にいるのか、それとも……?

引用元:公式サイト

オリエント急行殺人事件の感想!

「オリエント急行殺人事件」原作にはないシーンもありますが、

原作に大体忠実で撮り方が頭上からだったり斬新でした。

オリエント急行殺人事件,感想,キャスト,アガサ・クリスティー,原作,あらすじ,ジョニー・デップ,ミシェル・ファイファー,ペネロペ・クルス,ネタバレ

ミシェル・ファイファーさんの劣化が激しくて

59歳らしいのでこんなものかも知れないけど、

やっぱり白人は劣化が激しいなと思いました。

オリエント急行殺人事件,感想,キャスト,アガサ・クリスティー,原作,あらすじ,ジョニー・デップ,ミシェル・ファイファー,ペネロペ・クルス,ネタバレ

ペネロペ・クルスさんは以前はスペイン語訛りがきつかったけど、

英語の発音が上手くなったと思います。

ネタバレしたら面白くないと思うので詳しく書きませんが、

ポイントはラチェットが12々所も刺されていたという点ですかね。

まとめ

「オリエント急行殺人事件」原作アガサ・クリスティーさんの同名小説です。

ポイントはラチェットが12々所も刺されていたという点です。

「オリエント急行殺人事件」は日本では2017年12月8日に公開になります。

スポンサーリンク

Pocket