Pocket

「マンハッタンヘンジ」とはどういう現象なのでしょうか?

2017年はいつ起こるのでしょうか?

おすすめ場所画像をまとめてみました。

スポンサーリンク

マンハッタンヘンジとは何?

マンハッタンヘンジとは,2017,いつ,おすすめ,場所.画像,Tudor City

「マンハッタンヘンジ」とはニューヨーク・マンハッタン

東西方向の通りを貫く大通りの延長線上にちょうど沿って

太陽が沈むとういう1年に4回起こる現象のことなんです。

「マンハッタンヘンジ」の名付け親は

ニューヨークのアメリカ自然史博物館にある

ヘイデン・プラネタリウムの館長を務める

天体物理学者のニール・ドグラース・タイソン氏で

「マンハッタンヘンジ」という現象を世に広めたことで知られています。

太陽が真東から昇って真西に沈むのは年に2回、

春分の日と秋分の日だけなんだそうで、

どの街でも通りが東西の方角と完全に一致していれば

春分の日と秋分の日に「マンハッタンヘンジ」を観測できるそうですが、

マンハッタンの通りは北から30度東に傾いて設計されているため

春分の日と秋分の日ではなく

少しずれた時期の5月下旬と7月中旬になるんだそうです。

スポンサーリンク

マンハッタンヘンジ 2017年はいつ?

「マンハッタンヘンジ」が見れるのは2017年はいつかというと、

5月29日夜8時13分に半分沈みかけた太陽を

翌日の5月30日夜8時12分に完全な形の太陽が見られるチャンスがあったのですが、

天候に恵まれずキレイに見えることができませんでした・・・。

次のチャンスは7月12日夜8時20分に完全な太陽を

翌日の7月13日夜8時21分に半分沈みかけた太陽を観測できます。

マンハッタンヘンジを鑑賞するおすすめの場所♡

マンハッタンヘンジとは,2017,いつ,おすすめ,場所.画像,Tudor City

「マンハッタンヘンジ」を鑑賞するおすすめ場所はというと、

マンハッタンのできるだけ東側の通りから眺めるのがおすすめ

特にキレイに見えるのは、14丁目、23丁目、42丁目、57丁目になります。

私は「マンハッタンヘンジ」を42丁目と1番街辺りにある

Tudor Cityの歩道橋から見たことがありますが、

混んでいたけどキレイに見ることができましたよ。

まとめ

「マンハッタンヘンジ」とはニューヨーク・マンハッタン

東西方向の通りを貫く大通りの延長線上にちょうど沿って

太陽が沈むとういう1年に4回起こる現象のことです。

「マンハッタンヘンジ」が見れるのは2017年はいつかというと、

7月12日夜8時20分に完全な太陽を

翌日の7月13日夜8時21分に半分沈みかけた太陽を観測できます。

「マンハッタンヘンジ」を鑑賞するおすすめ場所はというと、

42丁目と1番街辺りにあるTudor Cityの歩道橋です。

スポンサーリンク

Pocket